お箸いいね

履歴 TOPへ

日本製のお箸に未来はあるのか

 

スポンサーリンク

 

お箸と言えば、日本人なら当たり前に使います。

ですから、日本製の箸はどこでもありますよね。

 

しかし、国際競争力の流れから言えば、箸を使う地域ならどこでもいい。

また、中国は本場ですよね。

 

よく中国製はダメとか言われるけど、箸文化だけでいえば、日本よりも、もっと歴史があるから

流れから言えば、日本の方が劣る感じになっています。

また、中国製というと品質が低いと思うけど、実際には違い、あちらの箸の方が数倍

豪華であり、品質の差と流れは沢山ある。

 

こうした事から、

日本製のお箸の未来はあるの?

という点です。

 

結論から言えば、「地場」としてのクオリティとブランドを上げるしかない。

または、キャラクターグッズのような「販売品」として展開するしかないのです。

 

外食で見ればわかりますが、すでに割り箸は使いません

 

これに変わって登場しているのが、中国製の箸ですよね。

こうした点から、どんどん現状の日本箸文化は変わっています。

 

流れを的確にするならば、日本独自のノウハウや価。

そして使い方などをもっと深堀するしかないのです。

こうすれば、日本でしか買えないもの箸というがありますからね。

 

こうしたようにもっと頭をはたらかせることが必要です。

 

 

2013年9月24日

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク