お箸いいね

履歴 TOPへ

大注目の和食おもちゃ「魯山人納豆鉢」を知っていますか?

 

スポンサーリンク

 

私は和食大好きです!朝食はいつもご飯、納豆、味噌汁でないと落ち着かない典型的なお箸の国の人です。

2/3の朝の情報番組の「目ざましテレビ」で紹介された、今話題のおもちゃ「魯山人納豆鉢」

コンセプトは日本の美食家魯山人が推奨する極旨で食べる納豆の作法をおもちゃで簡単に再現できるといったものです。

魯山人納豆

 

魯山人納豆鉢特設ページ→http://www.takaratomy-arts.co.jp/specials/rosanjin_nattou/

 

使い方は納豆を入れて、ハンドルをかき混ぜる。ハンドルを1回転させると、中のかき混ぜ棒が2回転するといった高効率の動作で理想の混ぜ回数424回をほんの2分ほどで完了させてしまうという。
さらに305回混ぜた時に醤油を入れるように自動で醤油ケースが開く。ここで醤油を投入の後、さらに回転をさせて424回の混ぜで完了する。

 

ある意味カルチャーショックを受けたので朝、スマートフォンで楽天で検索。送料を考えるとちょっと割高なので買うのを控えたのだが、夕方もう一度検索をすると全部が完売状態に!

驚きました。

納豆が好きな人がこんなにいるのかと思うと、なんだかうれしく思います。

和食離れ」という言葉がありつつも、やっぱり心のどこかで和食を欲しているんだと思います。そしてきっかけがあれば和食を食べたい人が大勢いるのですね。

 

 

とりあえず普通に424回混ぜをやってみました。

とにかく腕が痛くなるとともに、あんまりわからない味です。

理由は100円ショップで売っている納豆棒を使っているのですが、これが間違いでした。

本来なら箸で混ぜないといけないらしく、軽く混ぜるために設計された納豆棒では違うとのことでした。

 

2月6日(木)が発売予定だそうですが入手はまだまだ困難を極めそうです。

もちろん購入する予定です。購入の後には情報をUPします。

 

 

 

 

2014年2月4日

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク