お箸いいね

履歴 TOPへ

いわゆる人気宿に行ってきました

 

スポンサーリンク

 

先日友人達と一緒に長野県の人気温泉宿へ旅行してきました。

 

長野県内にある数ある温泉地の中から今回行ってきたのは「鹿教湯温泉」というところで、泊った宿は『三水館』というところです。

 

以前はかなりこじんまりとした宿で知る人ぞ知る系の宿だったらしいのですが、宿の引っ越しと改修によって和風モダン建築の宿として更に人気が出たようです。宿を予約してくれた友人曰く「土日の宿泊予約は至難の業」とのこと。

 

そんなわけで事前情報から期待値のハードルを上げてしまっていたのですが、その期待を裏切らないとても良い宿でした。モダン建築ながら和風の柱を生かしたデザインと統一感のある空間演出が心地よいです。自分たちが泊った4人部屋は畳部屋とベッドルームの組み合わせという珍しいものでした。加えて天井の高さも良かったですね。エアコンの作動音が少々気になりましたが、それもまぁ許容範囲といったところ。

 

温泉は男湯・女湯と分かれていて途中で入れかわるオーソドックスなもの。24時間使えるのは嬉しいです。お湯はいわゆるあったまる系のもので、硫黄臭がキツいなどということもなく、熱すぎず無難なものでした。

 

そして食事のほうですが・・・これがいわゆる地元の素材を地元の手料理で丁寧に作った感じの料理で、ちょっと地味かもしれない印象ですが、逆に素朴な味わいがあり個人的には好印象。あt、季節ごとに食材の変わる鍋がメインディッシュとなるようで、今回は葱鍋。葱と豚肉と豆腐を出汁につけて食べる、というこの上なくシンプルなものでしたが、ネギが大変に美味で葱好きの自分はとても満足がいきました。・・・量的にも(苦笑)

 

そんな感じでのんびり温泉と料理を堪能しての一泊旅行でしたがいい内容で満足でしたね。

途中立ち寄り湯に入ったのですが、そこのお湯がべらぼうに良かったのでその印象が強く、三水館の温泉は無難と表現してしまいましたが、十分に満足できる内容でしたのでとにかく今回の宿にはもう一度泊りたいな、と思いました。

 

・・・次回がいつになるかは、部屋が空いて予約できるかどうかにかかっていますけれども(汗

2014年2月6日

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク