お箸いいね

履歴 TOPへ

お箸文化を考える:子供の居酒屋はアリか?

 

スポンサーリンク

 

居酒屋大好きです!お酒を飲まなくてもいろんなものをいろいろと食べられるのが良いですね。

そんな居酒屋ですが、最近は中学生や高校生が打ち上げパーティーや普段の食事をするのに人気があるそうです。なんだか不健全なイメージがしますけど、食文化からするととても良いことなのかもしれません。

和食

外食というとファーストフードや洋食、中華がメインだと思います。他にもラーメン、うどん、ソバなどもありますが、しっかりとした和食の食事をしようとなると和食レストランがありますが、あまり店舗数が無いので行けません…そこで沢山あって和食を堪能できる居酒屋は和食文化の大きな石杖となるのではないでしょうか。

ウチの息子も学校イベントの打ち上げで居酒屋に行きます。親としてはちょっと嫌な感じがするので「どうして居酒屋?何食べるの?と聞くと
・ドリンクバーがあるので楽しい
・いろいろなものを少しずつ つまめるのがいい
・から揚げ、サラダ、ポテトフライ、お茶漬け、ソバ、漬物、魚などバリエーションが和洋中華いろいろそろっている。
・1品200円からで安い
・お座敷
言われてみるとなるほど…という感じです。確かにみんなでいろんなものをちょっとずつ食べるのは楽しい。

 

送り出す方もちょっと嫌な感じもしますが、居酒屋にいる方も中学生とかがワイワイやっているのを見て違和感があります。こういうのは私の方の偏見ですね。
いろいろな料理を楽しむには本当に居酒屋は最高の場所ですから。
ちなみに北海道では居酒屋は子供が普通だというのを聞きました。友人曰く「魚や旬の食材をしっかり食べられるからいいじゃん」とのこと。なるほどなです。
これからは子供居酒屋応援しちゃいたくなりました。

 

スポ少で親子合同での居酒屋パーティーはよくあったので詳しいですが子供らの好きなメニューって以外にも渋くて大人顔負けです。
子供人気の居酒屋メニューはこんなです↓
1位:から揚げ
2位:枝豆
3位:ポテトフライ
4位:軟骨
5位:焼き鳥
その他には、漬物、揚げ出し豆腐、モツ煮、スジ煮、ブリ大根、じゃがバター、焼きおにぎり、お茶漬け、焼きそば…などなど

 

刺身が入っていないのは予算的に禁止しているからです…;^^

 

 

 

2014年12月11日

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク