お箸いいね

履歴 TOPへ

オリジナルお箸制作では低コストNO1

 

スポンサーリンク

 

当店は販促用に制作された専門サイトです。通常、お箸店といえば1膳を販売するタイプが多いのですが、当店は最低でも100膳程度がメインとなります。ですから、これだけの単価の安さになるわけです。当然、中には勘違いして、1膳の単価を「総額」だとおもって依頼する場合もありますが、これはある意味では社会常識がないといえます。

今回は最近制作したお箸関連のオリジナルグッズ制作物のレポートとなります。

 

P1470728 P1470729

こちらは箸袋です。箸袋は表面に柄があるため、中面に名入れ印刷をして対応します。今回の事例は非常にシンプルですよね。

こうしたシンプルのほうが目立つことがありますが、なかなかデザインを目立ちたい部分もあるため、こうしたデザイン案は採用されないのが一般的です。

箸袋自体は携帯をするという点で、1歩上の商品ですが、だからこそ、付加価値が高いものである点も重要になります

このため、エコの環境グッズなどの方向性などをうまく活用して、環境に配慮した作りとなれば、それなりに付加価値が高いでしょう。

 

P1470826 P1470827

こちらの商品はナイフとフォークがセットになっているタイプです。このため1膳の箸ケースと比較して、非常に「厚み」があり、名入れスペースが綺麗に活用できる感じになっています。名入れ事例のサンプル画像はシンプルですが、あれこれとデザインできる点が、こちらのタイプのオリジナル制作になります。

こちらも携帯箸ですから、環境に配慮していますよね。ハイク記念と書かれているように、こうしたイベントには最適でしょう。

 

P1470896 P1470898

P1490469 P1490471

こちらは高級箸です。それでも1膳制作して300円程度。非常にリーズナブルであります。

見た目の豪華さと、実際のコストは目みはります。ただし1膳300円は激安なのですが、ノベルティ品と考えれば、それほど安くはありません。

その点がやっぱりネックになります。基本は1万膳とかにならないとダメな感じがありますね。大口には大口のコスト削減案です。

P1490492 P1490495

P1490758 P1490761

最後に、定番のステンレス携帯箸です。

よく出るお箸なので、必然的にノウハウは蓄積されます。多くの名入れサンプル画像集があるため、お客様も指名買いがメインとなります。ほぼ丸型なので、名入れスペースが限定されている点をご注意下さい。

2014年12月30日

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク