お箸いいね

履歴 TOPへ

名入れ箸のあれこれの質問にプロの目から答える

 

スポンサーリンク

 

お箸のオリジナル依頼が増えてきています。

基本は名入れ印刷対応になります。箸本体にも1色の名入れをして展開し、箸袋へも対応します。

こうした流れがありますが、基本的に頼む側は素人であり、初めての方が多いので、どのような点にきおつけておけばいいのか書いて見ます。

 

1:本数は100膳より

まず、オリジナルを製作するということで、1膳・2膳と依頼がありますが、当店は「販促品店」なので、最低ラインが100膳となります。だからこそ、この単価で対応できるわけですが、勘違いしている部分もあります。

当然、意味としては安さをメインとしているのですが、常識的に考えて、数百円でオリジナルのお箸がまともに製作できるわけではありません。

結果として、100膳からでも非常に安いのですが、個人的に「100膳もいらいない」というが流れになります。

 

でしたら、1膳・2膳と製作できるところと契約すればいいのですが、1膳3000円とか普通ですので、単に相場感がゼロベースだと思います。

100膳製作しても2万円程度なので、どちらがお得なのかはわかるはずですよね。

 

 

2:プレゼント用のお箸製作

内祝いとしてのプレゼント用お箸を製作する流れもありますが、当店の場合は「個人」よりも「法人」がメインです。

ですから、プレゼント用としてではなく、キャンペーン用としての流れになります。

個人通販店では夫婦用とか、内祝い用とかありますが、当店では、プレゼント=企画イベント品になります。

具体的には

・周年記念品

・オープン記念品

・チームグッズ

とかです。こうした流れがありますので、一般的なお箸販売店の個人販売とは全く違います。

 

 

3:箸袋もセットで対応可能

お箸店だと、メインがお箸ですから、お箸の名入れがメインとなりますが、キャンペーン品なので、お箸のセットである箸袋も、裏面に名入れ印刷をして対応可能になっています。このため、箸袋セットをメインとした対応が、他店の差別化部分となっています。

名入れ箸+名入れした箸袋

を1セットに出来るため、幅広いオリジナルグッ製作が可能となっています。

2015年1月22日

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク