お箸いいね

履歴 TOPへ

名入れ印刷対応のお箸専門店へ

 

スポンサーリンク

 

現状として、望むと望まないのに関わらず、お箸をギフトとして販売している多くのお箸専門店と比較して、明らかに違うパターンです。

もともと、販促用のお箸販売をメインとしているたのですから、願った方向に向いているので問題ないのですが、これだけではお箸店としての力量が少し違うため、もっと違う想定もしていたのですが、結果、名入れ印刷専門店としての地位がメインとなっています。

 

この方向性自体は問題ないのですが、本来なら大口の依頼があって、始めてビジネスとして「成長」しているわけであり、

・旅館などの大口顧客によるリピート

・オリジナルのお箸製作における依頼とノウハウ

などがメインとなっていなければいけないのですが、どうしてもこうした依頼はゼロに近くなっています。

 

さて、こうした中では、現状としては、下記のような箸袋への名入れ印刷がメインとなっています。

手間隙はかかりますが、慣れているのでまったく問題なし。10分程度あれば、完璧に使いオリジナルお箸セットを用意して提案できるわけであり、ある程度ワンパターン化しているのでこうしたノウハウがあります。

 

20150306a

 

名入れ箸について、あまりにも安く提案しているので、「どうかなぁ」という点があります

逆に、安すぎて弊害があり、単なる貧乏相手みたいな顧客層を露骨にもらっている感じであり、依頼する側も、製作代がたった2万円程度で「顧客づら」をしているので、双方が「ダメな感じ」になっている場合があります。

ちなみに、このラインであれば1000膳単位が基本としており、最低100膳タイプはあくまでも入り口であり、100膳程度では顧客とみなさないような文章もしっかりと入れておくことが大切だと思っています。

ともかく、民間企業なので、利益が出るためにオリジナル箸を製作しているのですが、100膳では全く利益がでていなく、やらないほうが利益が出る!というレベルなんですよね

ですから、それほどまでに安いというわけです。

 

 

 

20150306b

 

100膳からスタートして500膳・800膳と上がっていけばよいのですが、理想と現実は違う。100膳ばかりの依頼がくるだけです。

さて。こうした流れがあるのでいつも工場に相談しているのですが、工場のほうでも100膳は多いのですが、なかには数万膳などの依頼があるので、バランスがあるということです。そうなると、当店でも数万膳の仕事をとるような形にしないとだめだとわかります。

2015年3月6日

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク