お箸いいね

履歴 TOPへ

最近製作した名入れサンプル画像数点を公開します

 

スポンサーリンク

 

オリジナル製作は毎回、多くの依頼がありますが、完全のオリジナルではなく、基本は既製品のワンポイント名入れ印刷がメインとなっています。

これには理由があり、予算が無いから、あくまでも見せかけでオリジナルっぽくするのが流れです。これ自体は全く問題ないのですが、やっぱりやり方などがあり、 ノウハウを理解しているのと、全く無知識で対応するのでは、効率が全くちがいます。

そこで当店としては、こうした声に答えるべく、名入れのサンプル画像を公開して、少しでも「こんなに簡単に出来るのだ」という点をお伝えしたいです。

P1490691 P1490693

P1500700 P1500703

P1510451 P1510453

P1530208 P1530210

P1510718 P1510720

まずは箸袋からの説明です。みてもらればわかりますが、「どこが難しいの?」という感じであれば、非常に伝えた甲斐がありました。

そうなんです。難しいことはないのです。ただし、先ほどもお伝えしたとおり、理解して依頼するのと、まったく無知識で対応するのでは状況が違います。

結果として、ある程度のハードルを越せば、オリジナル製作はそれほど難しい部分はありません

P1510678 P1510680

P1520697 P1520699

P1490647 P1490649

  お箸の名入れ印刷も同様です。多少の名入れ範囲のスペースさえ克服できれば、すぐにでも対応可能です。

こうした名入れサンプル画像があると、一目瞭然であり、どんな仕上げで出来上がるのかすぐにわかります。

ですから、多くの他社が仕上げたサンプル画像を何度も色々と見ることで、実際には多くの点で多くのを学べることができるわけです。

2015年5月8日

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク